参加レポート:2013/1/12 第121回JLP定例会


2013(平成25)年1月12日(土)に、今年最初のJLPが開催されました。

勉強会30名、懇親会17名の皆様にご参加頂きました。
ご参加頂いた皆様、お疲れ様でした。

自公の調整がまだついておらず税制改正大綱が出る前なので、詳細が見えない時期に、自民党と公明党の政権公約からどういった方向に進みそうなのか予想しようという視点で、坂本税理士に講義して頂きました。
衆議院と参議院での予算法案の進み方という基本的な部分から整理して頂き、所得税や消費税、資産税、地方税、自動車税といった税金の種類ごとにわかりやすくまとめて頂きました。

相続税では、サザエさんを題材に法定相続分から遺留分、代襲の復習から、遺言書、相続税の計算方法まで相続について網代税理士に網羅的に解説して頂きました。
波平さんに愛人がいたら・・・といったような例は想像するだけでも楽しく分かりやすかったです。サザエさんに関する豊富な知識で、随所にちりばめた豆情報は「へぇ~」の連続でした。
相続税法の改正前と改正後で、サザエさん宅を例に、資産評価し、実際に相続税を試算することで、今後の相続税の増税に関するイメージが持てました。

後半では、信頼関係を築くコミュニケーション・テクニックということで、労務管理のプロである池上社労士に心理面からコミュニケーションにスポットライトをあてて、解説して頂きました。

他人が見た自分自身の印象と、自分自身が思っている自分の印象には、ギャップがあるということ。
その自分が人に与える印象は、自分が思っている印象とは違った印象を与えている可能性が大きいこと。
同じ言葉でも態度や言い回しで、相手に伝わる印象が大きく変化すること。
そういったことが、ワークや講師の実演からよく理解できました。
IメッセージとYouメッセージは、なかなか実践するにはまだまだ難しそうですが、心がけていきたいと思います。

今年最初の懇親会は、藁家さんでした。
お刺身にはじまり、カキフライ、お肉、お鍋に〆のラーメンまでおいしくボリュームもしっかりでした。
すみません。写真が撮れていません。
初参加の方や久しぶりの方にも参加いただいて、楽しく交流できました。

ありがとうございました。
来月もよろしくお願いします。

(石田 友彦)