参加レポート:2013/2/2 第122回JLP定例会

参加レポート:2013/2/2 第122回JLP定例会

2013年(平成25年)2月2日(土)に第122回JLP定例会が開催されました。
勉強会28名、懇親会14名にご参加頂きました。
ご参加頂いた皆様、お疲れ様でした!

平成25年3月末をもって金融円滑化法が終了するのに伴い、金融機関の対応がどう変わるのか、終了に伴い士業として知っておくべきことは何かということで「金融円滑化法終了後の傾向と対策」について、JLPの会員でもある株式会社喜望大地、会長 喜多洲山先生に講義をして頂きました。

窮境状態になったとしても打ち手は無限ということで、ご自身が30億円の負債を抱えてから再生された実話からのお話は非常に説得力がありました。銀行への考察で、もし銀行返済ができなくなった場合の行員の決め台詞とその中身は、なるほど~と思わされました。その後、金融円滑化法終了後の金融機関の動向等についてお話頂きました。

休憩後の質疑応答では、突っ込んだ質問により前半の講義だけでは聞き取れなかった部分を明確にし、金融機関の動向とその対策はどうすれば良いのかをより理解をさせて頂きました。また、JLPならではのムチャぶりにより、当日ご参加頂いた某金融機関にも急遽、金融円滑化法終了後の対応について貴重なお話をお聞かせ頂きました。
その後、洲山先生による事業再生事例をお話頂き、事業再生のスキームや「こんなに大変な場合でも再生ができた」ということを勉強させて頂きました。

今月の定例会で、金融円滑化法が終了しても士業としてどう対応すれば良いのかを知ることができました。

懇親会は「かしわ舎堺筋本町店」さんでした。朝引き鶏にこだわったお店で、新鮮な鳥料理を満喫しました。私ごとですがFacebookで繋がった同級生にJLPを案内し参加頂きました。懇親会も参加頂き、旧交を温めることができました。

ありがとうございました。
来月もよろしくお願いいたします。

(日下 一郎)

アンケートの一部
・すごく勉強になりました。将来進みたい分野なので大変刺激を受けました。
・実体験のこもったお話を聞けてよかったです。
・とても楽しくて勉強になりました。テーマも良かったです。
・参考になる質問と応答でした。刺激になりました。
・事業再生の話ははじめて聞くことが多く勉強になりました。
・経営者として生きていくための不可欠な心構えを学べたと考えます。
・質問が多くとても盛り上がりました。質問があることで理解が深まりました。
・リスケについての具体的な事例と言うのは非常に分かりやすく有り難かったです。
・自身の経験を基に多種多様な企業再生方法を話して頂き、難しい話もありましたが興
 味深くご講演を聴けて良かったです
・どのような会社にも事業再生の可能性がありアドバイス次第で変化していくというこ
 とがわかりました。
・不屈の思い、熱い思いで取り組んでおられた話を聞けたことが良かった。