参加レポート:2013/3/2 第123回JLP定例会「定年延長がもたらす今後の労働環境と対策」

2013(平成25)年3月2日(土)に第123回JLP定例会が開催されました。
勉強会21名、懇親会16名にご参加頂きました。 ご参加頂いた皆様、お疲れ様でした。

平成25年4月1日改正高年齢者雇用安定法が施行されるにあたり、「経営者から見た定年延長がもたらす今後の労働環境と対策」について、社会保険労務士の澤千恵先生に講義して頂きました。 現行の制度から今回の改正に至った背景、改正の内容、改正が企業経営に与える影響と対応策についてわかりやすくまとめて頂きました。 人件費の上昇や新規採用への影響、士気の低下など定年延長がもたらすといわれる問題にそなえ、企業はどんな対策を打ち出しているのか、具体例も紹介頂きました。

今回の改正は人事制度を見直すきっかけとなる改正だとのお話があり、定年延長を義務と考えるのではなく積極的に活用する取り組みが必要であると感じました。 また、年金制度の体系や公的年金の給付の種類など、年金の基本的なところもお話くださり、年金についての知識の整理もできたと思います。

懇親会は中華料理の「上海園」さんでした。 ボリュームたっぷりのおいしいお料理に大満足、当日お誕生日だった方のサプライズお祝いあり、とても楽しく交流できました。 ありがとうございました。 来月もよろしくお願いいたします。

(坂本理子)