参加レポート:2013/12/10【会員限定】JLP分科会「パートや派遣社員等(非正規社員)の有効活用」

2013年12月10日(火)、JLP分科会「パートや派遣社員等(非正規社員)の有効活用~士業事務所での雇い方・使える助成金~」が開催されました。講師にはオーダーメイド労務管理事務所 特定社会保険労務士 高木修一先生をお招き致しました。ご参加いただいた皆さま、お疲れ様でした。高木先生ありがとうございました。

パートや派遣社員等のいわゆる非正規社員は、バブル崩壊後、製造業での雇用が減り、パートの多いサービス業等で働く人の割合が高まったことが背景となっています。企業は非正規社員を、雇用量を柔軟に調整できる労働力として活用することが多くなり、過去5年間に正社員だった人のうち、40.3%が非正規社員へと転換しているとのことです。派遣切りや非正規社員の雇い止めなども大きな社会問題となり、それに伴って非正規社員の雇用に関する法律も改正されました。

今回は、非正規社員の増加の現状と背景から、非正規社員の雇用に関する法律、助成金等を詳しくご説明いただきました。その中で非正規社員に関する助成金では、これから従業員を雇い入れするにあたって活用できるものをご紹介いただきました。申し込みが殺到し、早々に終了した若者チャレンジ奨励金や日本再生人材育成支援事業の助成金は、来年度も同様のものが出てくるでしょうとのことです。

さらに士業事務所での雇い方として、士業事務所の特徴や労務管理ポイントを交えながら、採用時の試験内容例などをお話ししていただきました。

敢えて非正規社員として働く人のニーズを考慮し、その非正規社員を雇い主として有効に活用していく方法、士業事務所で雇う時のポイントなど、大変参考になるものでした。高木先生どうもありがとうございました。

(池上 裕美)