参加レポート:2014/01/11 第133回JLP定例会「平成26年税制改正と これからの日本経済」

2014年1月11日(土)、第133回JLP定例会「平成26年税制改正と これからの日本経済」が開催されました。

JLPでは毎年恒例となっている、日本で一番早い税制改正セミナーを、今年は当法人の日下理事長が担当させていただきました。お正月休暇明けの土曜日にもかかわらず、たくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。

今回のセミナーでは、まず日本の財政事情に加え、「企業の投資活動を加速化させる観点から、民間投資を活性化させる」など、今回の税制改革の主眼がどこにあるのかという基本的な考え方から、これからの日本経済に至るまでという、グローバルな視点で分かりやすく解説していただきました。

企業が設備投資をした場合の税額控除ができる制度、事業再編のための登録免許税の軽減措置、所得拡大促進税制など、私たち専門家が、お客様との普段の会話で、すぐに役立つ内容も数多く、また、今話題のNISAや車体課税、ゴルフ会員権譲渡にかかわる税制など、個人でも押さえておくべきポイントを端的にレクチャーしていただき、非常に密度の濃い90分でした。

セミナー後は、「中国名菜ねぎや」にて懇親会&新年会行い、盛りだくさんの料理を囲み、研修会で聞けなかった質問やざっくばらんな意見交換もすることができました。
ご参加いただきました皆様、最後までお付き合いいただき、本当にお疲れ様でした。

(松本 和城)