7月5日(土)開催、第139回JLP定例会は「中小企業のM&Aの現場と実際」です

7月5日(土)開催、第139回JLP定例会は「中小企業のM&Aの現場と実際」です

2014年7月5日(土)のJLP定例会のご案内です。

386万(2012年2月)といわれる事業者のうち99.7%が中小企業・小規模事業者です。このような中小企業や小規模事業者においては、代表者の高齢化や後継者の不在といったことから事業承継をできずに廃業してしまうところも多くあります。

しかし、なんらかの形で事業を残したいという経営者は多く、そのための一方法として、事業を売却する(M&A = Mergers and Acquisitions「合併」と「買収」の略)ということが考えられます。

他方、成長企業や新たな事業展開を図るときに、ゼロからスタートさせるのはヒト・モノ・カネのあらゆる面で大変な苦労が伴います。スピーディに事業を展開するためにも買収側の企業にとってM&Aは、有利な手段として活用することができます。

このようなことから、中小企業や小規模事業者におけるM&Aは、今後ますます活用される事例が増えていくことでしょう。

さて、そんなM&Aですが、まず疑問に思うのが「いくらで?」という価格ではないでしょうか?上場企業であれば、株価から時価総額ということが考えられますが、上場していない企業、特に中小企業や小規模事業者の場合は、どのように評価すればよいのでしょう?

その他にも、中小企業や小規模事業者ならではの特徴や、実際のM&Aにおける留意点にはどういったものがあるのでしょう?いざというときに慌てないためにも知識として知っておきたいですね。

今回はスモールサイズM&Aのパイオニア、株式会社オンデックより、アドバイザーの中垣氏を講師にお招きし、ご講義頂きます。

是非、ご参加をお待ちしております!

 

定例会開催概要

-テーマ-

中小企業のM&Aの現場と実際
~各専門家との連携をふまえて~

セミナー内容

  • 中小・小規模企業を取り巻く環境とM&A
  • 譲渡スキームの選択肢
  • 規模別M&Aの特徴
  • 中小・小規模M&Aの留意点
  • 中小・小規模M&Aの推進体制
  • 各専門家との具体的連携事例
  • その他の連携内容
  • これからの中小・小規模M&Aのありかた

※セミナー内容は予定です。予告なく変更することがあります。

-日時-

平成26年7月5日(土)15:00~17:00(受付開始14:30~)

-場所-

大阪産業創造館(産創館)5階-C

-講師-

株式会社オンデック アドバイザー 中垣 洋祐

-講師プロフィール-

大学卒業後、地方銀行勤務。オンデックに転職し、オンデックの創業期よりアドバイザーとして活動。これまで約30件のM&Aに携わる。
株式会社オンデックは、中小企業や小規模事業者の友好的M&Aに特化したスモールM&Aのパイオニアです。複数の商工会議所でM&A取扱事業者として登録されています。

-参加費-

会員     2,000円
非会員    4,000円
初参加の方  1,000円 

※ 参加費は、当日受付にてお支払下さい。
※ 受付時にご入会頂けます(入会金 5,000円)。受付にお名刺をご提出下さい。
※ 2011年10月より会員制度が変更されました(登録会員の廃止)。
※ 従来の「登録会員」の方が、参加される場合は入会金が必要です。

懇親会について

定例会終了後、懇親会を会場近くで行います。
(懇親会費は、当日受付でお支払いください。)

  • 懇親会費:一律 4,000円

― 懇親会のみ参加の方へ ―

懇親会のみ参加の方は、産創館1Fロビーにて17:00頃合流してください。直接、懇親会会場に行く場合は、懇親会会場が当日に決まります都合上、事前に当ウェブサイト上のお問い合わせページより、事務局宛てに

  • 懇親会のみ参加の旨
  • 当日連絡のつく連絡先(携帯電話など)

お知らせ下さい。会場が決まり次第ご連絡いたします。

お申し込み