平成26年10月4日(土)開催、第142回JLP定例会は「弁護士が教える"論理的交渉術"」です

平成26年10月4日(土)のJLP定例会のご案内です。10月は「「弁護士が教える"論理的交渉術"」です。

平成26年10月4日(土)開催、第142回JLP定例会は「弁護士が教える"論理的交渉術"」です

われわれの普段の仕事において、テレビドラマのようなシビアな交渉が毎日あるわけではありませんが、お客様との日々の打合せや指導・アドバイスも小さな交渉の積み重ねということが出来ると思います。交渉というと、自分の要望や意見を聞いてもらうために、相手を説得・論破していくイメージがありますが、今回は、交渉のプロである弁護士が現場で使う交渉術について分かりやすくお話をしていただきます。

是非、ご参加をお待ちしております!

-講師より一言-

交渉というと、すぐに「勝ち」「負け」という話しになりがちですが、そのように捉えるとなかなか上手くいかないものです。私は、交渉を、主張(利害)を異にする者が互いに程度の差はあれ譲歩をしながら、それなりに納得して合意に辿り着くためのプロセスとして捉えています。弁護士として、私が常日頃から実践している交渉のノウハウをお伝えします。

 

定例会開催概要

-テーマ-

弁護士が教える”論理的交渉術”

-セミナー内容-

総論:交渉事を「勝ち」「負け」というレベルで捉えない

各論:

  1. まずは、相手に話を聞いてもらう
  2. 相手の話を聞きつつ、こちらの話したいことを上手く切り出す
  3. イニシアティブを取る
  4. 決断してもらう
  5. 決まった話を蒸し返されないようにする
  6. クレームへの対応

※セミナー内容は予定です。予告なく変更することがあります。

-日時-

平成26年10月4日(土)15:00~17:00(受付開始14:30~)

-場所-

大阪産業創造館(産創館)5階-C

-講師-

赤井・岡田法律事務所/弁護士 赤井 勝治

-講師プロフィール-

1965年京都府生まれ。弁護士、京都弁護士会所属。
立命館大学法学部法律学科卒業。司法研修の後、検事に任官。平成12年に検事を退官し、勤務弁護士を経て、平成16年10月に独立、赤井・岡田法律事務所を開設。「京都地検の女」シリーズ(テレビ朝日系)等のテレビドラマの法律監修を手がけている。著書として、「すご腕弁護士が教える論理的交渉術」「小さな会社の上手なたたみ方」(いずれも、ぱる出版)

-参加費-

会員     2,000円
非会員    4,000円
初参加の方  1,000円 

※ 参加費は、当日受付にてお支払下さい。
※ 受付時にご入会頂けます(入会金 5,000円)。受付にお名刺をご提出下さい。
※ 2011年10月より会員制度が変更されました(登録会員の廃止)。
※ 従来の「登録会員」の方が、参加される場合は入会金が必要です。

懇親会について

定例会終了後、懇親会を会場近くで行います。
(懇親会費は、当日受付でお支払いください。)

  • 懇親会費:一律 4,000円

― 懇親会のみ参加の方へ ―

懇親会のみ参加の方は、産創館1Fロビーにて17:00頃合流してください。直接、懇親会会場に行く場合は、懇親会会場が当日に決まります都合上、事前に当ウェブサイト上のお問い合わせページより、事務局宛てに

  • 懇親会のみ参加の旨
  • 当日連絡のつく連絡先(携帯電話など)

お知らせ下さい。会場が決まり次第ご連絡いたします。

お申し込み