参加レポート:2014/11/08 第143回JLP定例会「隣の事務所では検索連動型広告で売上を上げているらしい!?~士業のためのWEB広告セミナー~」

2014年11月8日(土)、第143回JLP定例会を開催いたしました。今回は、講師に株式会社イーナの原田哲也氏をお迎えし、『隣の事務所では検索連動型広告で売上を上げているらしい!?~士業のためのWEB広告セミナー~』と題して、リスティング広告のイロハから実際の活用事例まで、お話しいただきました。

平成26年11月8日(土)開催、第143回JLP定例会は「あの事務所ではネットからの問い合せが3倍に増えているらしい?! ~ 士業のためのWEB広告 ~」です

「リスティング広告」とは何か?という基本的な内容から、導入することで生まれるメリットはもちろんのこと、デメリットや期待できる効果を、事例やノウハウを惜しみなく披露していただいたのですが、講師の原田氏が、リスティング広告を何故ここまで自信をもって、潜在顧客獲得のツールとして提案できるのか?それは、株式会社イーナ様自身が、本来業務から大きく外れた新たな事業を、自社で運営するショッピングサイトを立ち上げ、リスティング広告でのマーケティングに研究に研究を重ね、売り上げを伸ばしている点に秘訣がありました。

気になる費用対効果についても、曜日、時間での出稿方式の変更、配信先の指定やデバイス別運用など、日々の分析・改善を提案し、40パターン以上の広告文をテストされている実例をご紹介いただき、90分間という短い時間でしたが、参加者の方々にリスティング広告の効果を存分に感じていただけたのではないでしょうか?

ご参加頂きました皆様ありがとうございました。今後も皆様にとって有意義なセミナーを主催させていただきますので、是非ご参加ください。宜しくお願いいたします。

(松本 和城)