平成27年1月10日(土)開催、第145回JLP定例会は「マイナンバー制度と税制改正」です

平成27年1月10日(土)のJLP定例会のご案内です。今回は「マイナンバー制度と税制改正」です。

平成27年1月10日(土)開催、第145回JLP定例会は「マイナンバー制度と税制改正」です

さて、新年1月のJLP定例会は、税理士の坂本 朗 氏をお迎えしまして、主にマイナンバー制度の概要を解説していただきます。

昨年成立した「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(通称マイナンバー制度)について、

  • 平成27年10月よりマイナンバーの通知
  • 平成28年1月よりマイナンバーの利用開始

が予定されています。あまり認知されていないと思われるマイナンバー制度ですが、ほぼ全ての民間企業でマイナンバー制度の対応に向けた準備が必要となるのではないでしょうか?

当面は「税、社会保障、災害対策」に限定されるマイナンバー制度ですが、今後は「戸籍に係る事務、医療介護、金融」などの分野でも利用範囲が広がることが予想されます。この制度の概要を理解しておくことは、士業・専門家として必須になるものと思われます。

また、JLPでは毎年恒例の税制改正についても触れていただく予定です。税制改正大綱の発表のタイミングによってはJLPが税理士による一番早い税制改正の解説になるかもしれません。お見逃しなく。

是非、ご参加をお待ちしております!

 

定例会開催概要

-テーマ-

マイナンバー制度と税制改正

-セミナー内容-

  • マイナンバー制度が導入された背景
  • マイナバー制度(個人番号を主として)の基礎
  • マイナンバー制度のメリット
  • マイナンバー制度の個人情報が業務に及ぼす影響
  • 平成27年度税制改正の方向性(税制改正大綱の発表に左右されます。)

※予告なく変更することがあります。

-セミナー対象者-

  1. マイナンバー制度って何?
  2. マイナンバー制度が導入されるとどうなるの?
  3. 平成27年度の税制改正にはどんなものがあるの?
  4. 新制度や制度改正で損をしたくない!
  5. 新制度や制度改正の情報収集はしておきたい。

-日時-

平成27年1月10日(土)15:00~17:00(受付開始14:30~)

-場所-

大阪産業創造館(産創館)5階 D

-講師-

福地税務会計事務所 税理士 坂本 朗 氏

-講師より一言-

マイナンバー制度は平成28年1月導入ですが、平成27年10月より制度は動き出します。この制度の概要を理解しておくことが、士業・専門家として必須でしょうし、また顧客に対して早めにこの制度を伝えておくことが導入当初の混乱に巻き込まれない方法かもしれません。将来的には、社会保障及び税負担の転換期になるかもしれません。税制改正については、税制大綱を読み解くことで、平成27年度税制改正に備えることができます。特に、法人税率引下げと課税ベース拡大、所得税では配偶者控除の見直しが検討されています。これらの事項が、皆様の業務に影響を及ぼすことが考えられます。

-参加費-

会員     2,000円
非会員    4,000円
初参加の方  1,000円 

※ 参加費は、当日受付にてお支払下さい。
※ 初参加の方は、受付時にお名刺をご提出下さい。
※ 受付時にご入会頂けます(入会金 5,000円)。受付にお名刺をご提出下さい。
※ 2011年10月より会員制度が変更されました(登録会員の廃止)。
※ 従来の「登録会員」の方が、参加される場合は入会金が必要です。

懇親会について

定例会終了後、懇親会を定例会会場付近で行います。
(懇親会費は、当日受付でお支払いください。)

  • 懇親会費:一律 4,000円

― 懇親会のみ参加の方へ ―

懇親会のみ参加の方は、産創館1Fロビーにて17:00頃合流してください。直接、懇親会会場に行く場合は、懇親会会場が当日に決まります都合上、事前に当ウェブサイト上のお問い合わせページより、事務局宛てに

  • 懇親会のみ参加の旨
  • 当日連絡のつく連絡先(携帯電話など)

お知らせ下さい。会場が決まり次第ご連絡いたします。

お申し込み