参加レポート:2015/9/2 第153回JLP定例会「Acrobat活用セミナー~ドキュメントハンドリングツールAcrobatの活用法を徹底解説~」

2015年9月2日(水)に第153回JLP定例会を開催致しました。今回は、講師にアドビシステムズ株式会社の大矢博文氏をお迎えし、「Acrobat活用セミナー~ドキュメントハンドリングツールAcrobatの活用法を徹底解説~」と題して、Acrobatの歴史から便利な活用法までお話しいただきました。講師の大矢先生、ありがとうございました。また、ご参加くださいました皆様、お疲れ様でした。

 

Acrobatが登場したのは1993年、MacとWindowsの間で体裁やフォントを気にせずに文章の共有ができないかという狙いからでした。米国政府からの強い要請によりAcrobatリーダーの無償提供がスタートし、公的機関にも支持されるものとなったとのことです。

実際の活用法としては、マーカー、付箋、スタンプにバインダー、回覧、署名そして、文章保護等、様々な日常の業務を、全てAcrobatでデジタル化するというものでした。また、デモンストレーションを行っていただいて、知らなかった機能を沢山、教えていただきました。何よりも驚いたのが、ExcelやWord等の種々のファイル(動画までも)が、ひとつのPDFの中に圧縮して組み込むことが可能であるという事でした。便利な機能が多く、今すぐにでも活用させていただこうと思っています。

講義後の懇親会は九州酒場本町店にて、参加者の皆様と交流を深めることが出来ました。

皆様、楽しい時間をありがとうございました。
来月もよろしくお願いいたします。

(池上 裕美)