参加レポート:2016/1/13 第157回JLP定例会「戦う士業のカラダづくり~最新!効果的な栄養の摂り方~」

2016年1月13日(水)に第157回JLP定例会を開催いたしました。今回は「戦う士業のカラダづくり~最新!効果的な栄養の摂り方~」というテーマで、講師に管理栄養士の清水春恵先生をお迎えし、多くの方にご参加をいただきました。講師の清水先生、ありがとうございました。また、ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。

 

普段から重々承知している大切な「カラダづくり」なんですが、情報も多く溢れていて何からどう取り組めばいいのか分からないといった状態ではないでしょうか。今回はまず、栄養バランスの基本について学び、具体的な数値や食べ物の紹介、ワークを交えながらご紹介していただきました。「自分の体は自分の食べたものでできている」という言葉は、当たり前のことなのですが、とても説得力がありました。講師の清水先生も、小さな体から、エネルギーが溢れ、とてもパワーを感じる方でした。

自分が食べた朝・昼・晩のご飯を振り返りながら、栄養のバランスを検証してみるワークでは、食べたものを思い出せない!?というハプニングなケースもありましたが、普段の自分が見えてとても盛り上がりました。

私たち働く世代の基礎代謝は年々変化していくので、ずっと同じ食べ方をするのではなく、体の変化に合わせて食も変えていく必要があるということです。「血糖を制する者は仕事も制す」、「腸内細菌を生かす食べ方」といった今の自分にあった新しい食べ方についてのお話や、すぐに使える食べ方のマイナーチェンジの仕方についても教えて頂き、実践したいと思いました。

普段から、「これって食べられそうじゃない?」というひらめきで色々なことを試されている先生の姿勢から、楽しみながら食と向き合うということがとても大切なんだなと実感することができました。とても学びの多い時間でした。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。来月もよろしくお願いいたします。

(田中 聡)