2016年9月3日(土)開催、第165回JLP定例会は「モテる力とビジネス力をアップさせるフェロモン活用方法~男性編~」です

2016年9月3日(土)の第165回JLP定例会のご案内です。今回は、「モテる力とビジネス力をアップさせるフェロモン活用方法~男性編~」をテーマにお送りします。

JLP165

 

皆さん、「フェロモン」というとどんなイメージをお持ちになるでしょうか?色気とか、異性をその気にさせるとか、でしょうか?雑誌にのっているフェロモン香水の広告などを思い出されませんでしょうか。

Wikipediaで調べてみると、フェロモン(pheromone)とは、動物(または微生物)が体内で生成して体外に分泌後、同種の他の個体に一定の行動や発育の変化を促す生理活性物質のことだそうです。ヒトが体内から分泌して、他のヒトに一定の行動を促すものということになりますね。ヒトは言葉でコミュニケーション摂ることができますが、ヒト以外の動物や昆虫は言葉を話せないのでフェロモンでコミュニケーション手段としているという説もあります。

ヒトの身体には、血液やリンパの流れがあり、人間の細胞には、健康になろうとする自然治癒力があります。ですが、ちょっとした気候の変動や職場環境といった物理的な影響や、人間関係や仕事のストレスといった精神的な影響、そして、睡眠や食事といった日常生活の変化や偏りによってそのバランスは崩れてしまい、本来持っている力を発揮できなくなります。それぞれのヒトが本来持っている力を発揮させ、自然治癒力をアップし、内面から真の「キレイ」を引き出すことで、フェロモンも分泌され、より魅力的に映るようになります。

今回は、健康学と官能的身体学に真剣に取り組んでおられる予防医学リンパセラピストの田中わかば氏を講師にお招きし、フェロモンを活用することで、人にモテる力とビジネス力の向上に役立つ情報を学びます。今回は時間の都合上、男性編の講義となりますが、女性もパートナーの為にお役立て頂けますので、ぜひご参加ください。

 

定例会開催概要

-テーマ-

モテる力とビジネス力をアップさせるフェロモン活用方法~男性編~

-セミナー内容-

  1. フェロモンってどんな印象?イメージ?
  2. フェロモンに関わる大切な感覚とは
  3. モテるため、成長するための基本的な考え方とは
  4. 新しい生活習慣でどのように変わるのか(具体的事例)
  5. 以前に自分にはない、フェロモン活用方法を身に付ける

※ 予告なく変更することがあります。

-日時-

2016年9月3日(土)15:00~16:30(受付開始14:30~)

-場所-

大阪産業創造館(産創館)5階 C

-講師-

田中 わかば 氏
(予防医学リンパケアセラピスト・健康セミナー講師)

講師プロフィール:

様々な身体や足やお肌のトラブルを、アロマ精油でリンパマッサージ理論を基に独自の手技を使い、自然治癒力を活性させて健康な身体やお肌に導くことを 使命としながら、約8年で、5,500人を越えるリンパセラピーの実績を持つ。また、予防医学で蓄積した理論を基に、講師としても幅広い層に講座を開催中。

講師からひと言:

健康とは決して当たり前のことでなく、多くの人が失くしてから気づくもの 。人は、顔・形や目に見えることに着目しがちですが、本来それらを形造るのは 目に見えないものであることを伝えています。

-参加費-

会員     2,000円
非会員    4,000円

※ 参加費は、当日受付にてお支払下さい。
※ 受付時にご入会頂けます(入会金 5,000円)。受付にお名刺をご提出下さい。
※ 2011年10月より会員制度が変更されました(登録会員の廃止)。
※ 従来の「登録会員」の方が、参加される場合は入会金が必要です。

懇親会について

定例会終了後、懇親会を定例会会場付近で行う予定です。

  • 懇親会費目安: 4,000円位

― 懇親会のみ参加の方へ ―

懇親会のみ参加の方は、研修会終了時間頃に産創館1Fロビーにて合流してください。直接、懇親会会場に行く場合は、懇親会会場が当日に決まります都合上、事前に当ウェブサイト上のお問い合わせページより、事務局宛てに

  • 懇親会のみ参加の旨
  • 当日連絡のつく連絡先(携帯電話など)

お知らせ下さい。会場が決まり次第ご連絡いたします。

お申し込み