2017年3月4日(土)開催、第171回JLP定例会は「メンタルヘルスの現状と対処方法 ~経営者は、従業員は、企業はどのようにしたらよいか~」です

2017年3月4日(土)の第171回JLP定例会のご案内です。今回は、「メンタルヘルスの現状と対処方法 ~経営者は、従業員は、企業はどのようにしたらよいか~」をテーマにお送りします。

 

国内大手広告会社の過労自殺問題や大手旅行会社の労基法違反のニュースが、マスコミをにぎわせたのも、まだ皆さんの記憶に新しいことでしょう。統計では、五大疾病(がん、糖尿病、精神疾患、脳血管疾患、虚血性心疾患)患者数のうち、メンタルヘルスの患者数が年々増加しており(厚労省・患者調査)、特に職場の中核となる40代・50代の数値が高くなっています。

メンタルヘルスの問題は、「根性」だとか「気合いが足りない」といった問題ではありません。役職に関係なく、男女関わらず、環境によっては誰でもが直面しうる問題です。このような社会的問題も背景にあるからでしょうか、この数年で話題となったアドラー心理学は、人間の悩みはすべて対人関係の悩みであるとし、世界的企業のグーグル社が取り入れている「マインドフルネス」関連書籍が本屋でコーナーになるなど、「メンタルヘルス」は学んでおくべきキーワードでしょう。

とはいえ、そもそも「メンタルヘルス」ってなに?という方もいらっしゃるでしょう。まずは「メンタルヘルス」を取り巻く現状や基本的知識について、ざっとおさらいしましょう。そして、どうしたらメンタル問題を未然に防げるのか、そして、もし不調者が出てしまった場合にはどう対応すればよいのか、順に学んでいきたいと思います。

今回は、社会保険労務士であり、産業カウンセラーでもある西村 真紀氏を講師にお招きし、皆さんの組織がイキイキと働ける環境づくりを目指します。

 

定例会開催概要

-テーマ-

メンタルヘルスの現状と対処方法 ~経営者は、従業員は、企業はどのようにしたらよいか~

-セミナー内容-

  1. メンタルヘルスの現状と認識
  2. メンタルヘルスの基礎知識
  3. ストレスの対処・軽減方法
  4. メンタルヘルス不調者の支え方

※ 予告なく変更することがあります。

-日時-

2017年3月4日(土)15:00~16:30(受付開始14:30~)

-場所-

大阪産業創造館(産創館)5階 C

-講師-

西村 真紀 氏
AERU社会保険労務士法人 代表、特定社会保険労務士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント、上級個人情報管理士、医療事務コンサルタント)

【講師プロフィール】
立命館大学卒業後、法律事務所に勤務。退職後、人事労務のコンサルティング会社に入社。 以降、10年以上中小企業のアウトソーシング、コンサルティング業務に従事し、2010年社労士事務所開業。2016年社労士法人化。産業カウンセラー、キャリアコンサルタント登録。

-参加費-

会員     2,000円
非会員    4,000円

※ 参加費は、当日受付にてお支払下さい。
※ 受付時にご入会頂けます(入会金 5,000円)。受付にお名刺をご提出下さい。
※ 2011年10月より会員制度が変更されました(登録会員の廃止)。
※ 従来の「登録会員」の方が、参加される場合は入会金が必要です。

懇親会について

定例会終了後、懇親会を定例会会場付近で行う予定です。

  • 懇親会費目安: 4,000円位

― 懇親会のみ参加の方へ ―

懇親会のみ参加の方は、研修会終了時間頃に産創館1Fロビーにて合流してください。直接、懇親会会場に行く場合は、懇親会会場が当日に決まります都合上、事前に当ウェブサイト上のお問い合わせページより、事務局宛てに

  • 懇親会のみ参加の旨
  • 当日連絡のつく連絡先(携帯電話など)

お知らせ下さい。会場が決まり次第ご連絡いたします。

お申し込み