2017年4月1日(土)開催、第172回JLP定例会は「世界のお金の流れ、資産の作り方が変わる!?仮想通貨について」です

2017年4月1日(土)の第172回JLP定例会のご案内です。今回は、「世界のお金の流れ、資産の作り方が変わる!?仮想通貨について」ということで、FINTECH(フィンテック)/ブロックチェーン/仮想通貨をテーマにお送りします。

Photographer: btckeychain

近年、注目を集める「FINTECH(フィンテック)」。「FINTECH(フィンテック)」とは、Financial Technologyのことだそうです。

金融サービス(Financial)と、IT(情報技術/Technology)がくっついて新しいサービスが生み出されたり、より効率化されたりしています。そんな金融とインターネットを融合したサービスが世界の金融のあり方を大きく変えようとしています。

一言に、「FINTECH(フィンテック)」といってもその意味する範囲は非常に広く、家庭の家計簿から企業で使う会計ソフト、決済サービスから資産運用、貸付にまで及びます。また、金融サービスなだけに、セキュリティの高いものが求められますので、ブロックチェーンという改ざんの困難な記録方式の開発が進められています。

ブロックチェーンの技術を応用したものが、仮想通貨であるビットコインです。一部の人は、月30%ずつ増えている、という話も聞く半面、値動きが激しすぎて、価値が大きく目減りしたという話も。他方で、為替手数料がかからないといったことから、海外での決済手段としては非常にお得な面もあるようです。

そんなビットコインについて、その内容や可能性、資産としての魅力などをご紹介します。本セミナーを受けると・・・

  • フィンテックの現状と今後の流れを知ることができます。
  • ビットコインについての知識を得られます。
  • 具体的に活用するにはどうすればいいのか?が分かります。

【講師から参加者に伝えたい一言】

今回のテーマである「FINTECH(フィンテック)」は、これから訪れる金融の主役です。
今後の流れの方向性を掴んでもらえればと思います。
無闇に恐れず、フィンテック革命に呑み込まれる前にしっかりと正しい知識を!

 

定例会開催概要

-テーマ-

世界のお金の流れ、資産の作り方が変わる!?仮想通貨について

-セミナー内容-

  1. 自己紹介
  2. 仮想通貨の潮流について
  3. 現在、ビットコインはどのように使われているのか
  4. 運用目的としてのビットコインについて(ゲストスピーカーあり)
  5. 実際の通貨との違いについて
  6. 信用の裏付け、ブロックチェーンとは
  7. 日本政府の対応、現状

※ 予告なく変更することがあります。

-日時-

2017年4月1日(土)15:00~16:30(受付開始14:30~)

-場所-

大阪産業創造館(産創館)5階 C

-講師-

田中 聡 氏
マネーマネジメントプランS株式会社 代表取締役)

【講師プロフィール】
独立系のファイナンシャルプランナーであり、企業の社員向けの実学・金融研修の講師として活躍中。長年の会社員時代を経験していることから、社員と経営者の目線を併せ持った上で、それぞれに必要なピンポイントで伝えられることに高い評価を得ている。
特定の金融機関に属さないファイナンシャルプランナーとして、クライアントファーストの情報提供とコンサルティングを実施している。

-参加費-

会員     2,000円
非会員    4,000円

※ 参加費は、当日受付にてお支払下さい。
※ 受付時にご入会頂けます(入会金 5,000円)。受付にお名刺をご提出下さい。
※ 2011年10月より会員制度が変更されました(登録会員の廃止)。
※ 従来の「登録会員」の方が、参加される場合は入会金が必要です。

懇親会について

定例会終了後、懇親会を定例会会場付近で行う予定です。

  • 懇親会費目安: 4,000円位

― 懇親会のみ参加の方へ ―

懇親会のみ参加の方は、研修会終了時間頃に産創館1Fロビーにて合流してください。直接、懇親会会場に行く場合は、懇親会会場が当日に決まります都合上、事前に当ウェブサイト上のお問い合わせページより、事務局宛てに

  • 懇親会のみ参加の旨
  • 当日連絡のつく連絡先(携帯電話など)

お知らせ下さい。会場が決まり次第ご連絡いたします。

お申し込み

1 コメント

  1. hashidume fumio より:

    今後の開催予定のスケジュールが分かれば教えて頂けないでしょうか。