参加レポート:2017/9/2 第176回JLP定例会「ビジネス書を読む」

2017年9月2日(土)、第176回JLP定例会を開催いたしました。今回は長年定例会をさせていただきました中でのおそらく初めての試みとして、「ビジネス書を読む」と題して、中小企業診断士、日本協会アナリスト協会検定会員、CFP、野田耕一氏にご講演いただきました。

 

まず、ビジネス書である本の読み方について、数多くの書籍を購入し、実際の業務に役立てられている講師から読書規格の狙いとビジネス書の読み方と考え方についてご示唆いただきましたのち、今回は前半でPDCAに関する本について、実際に講師が読了した書籍を比較しながら、ご解説いただきました。単にビジネス書を読了した感想や解説ということではなく、それぞれのビジネス書の思想やドメイン、共通点や相違点等から講師独自の視点で分析され、これらのビジネス書を読むことにより、書籍を読んだ人が「自身のビジネスへの解を得るためにどうするべきなのか。」ということを分かりやすくご講義いただきました。

後半では、「人を動かす」について、取り上げていただき、これも独自の視点からご解説いただきました。最後にはワークもあり、実際にビジネス書に触れて自身で考えてみようと思わせられる講義でした。今後のビジネス書の本の読み方について、大きなヒントを得られた方も多かったのではないかと思います。その後の懇親会も和気あいあいと交流を深められたのではないのでしょうか。 

講師の野田先生、ありがとうございました。ご参加くださいました皆様、おつかれさまでした。次回もどうぞよろしくお願いいたします。

(皆本 弘樹)