参加レポート:2018/01/13 第179回JLP定例会「弁護士の視点から見る2018年の注目すべき3つのトピック~労働法制、パーソナルデータ、リーガルテック~」

2018年1月13日(土)に開催いたしました第179回JLP定例会は、「弁護士の視点から見る2018年の注目すべき3つのトピック~労働法制、パーソナルデータ、リーガルテック~」のテーマで、アスカ法律事務所弁護士の上村裕是先生にご講演いただきました。

 

労働法制、パーソナルデータ、リーガルテックという3つのテーマにおいて、2018年に予想される注目すべき法改正や判決、法律業務に関する新たな動きについて、具体的な事例なども用いながら分かりやすくお話頂きました。

労働法制においては、働き方改革関連法案要綱に関連する内容を、過去の背景から現状と今後の予想までを詳しくお話くださいました。今後かなり複雑・煩雑になる労働時間の管理に関して備えが必要なのが分かりました。また、同一労働同一賃金や均衡待遇の確保といった内容では、イレギュラーの場合に際して、何故同一ではないのか、という点を説明できる必要の重要性をお話くださいました。

次にパーソナルデータに関してですが、今後こうしたデータ、つまり情報が企業にとって宝の山になるという予想がある中、そこには今まで想定できなかったリスクも生まれる可能性があると理解できました。やはりAIの力が今後のパーソナルデータ活用の可能性を一気に広げることは間違いないのですが、それだけに取り扱いには細心の注意を払う必要があるということです。関連して「情報銀行」などという言葉を初めて聞きました。

最後にリーガルテックに関してですが、こちらでも同じくAIが大きな存在感を示しています。今後は弁護士とAIとが役割分担をしていきながら協業していく、新しいスタイルや制度のイメージが持てました。

定例会後の懇親会でも多くのやり取りが行われ、非常に濃密な時間を過ごせたと思います。講師の上村先生、ありがとうございました。ご参加くださいました皆様も、おつかれさまでした。

次回について、2月はJLPの理事会を開催させて頂くため、定例会はお休みとさせて頂きます。2月は2日金曜日の夜19時から開催の予定です。テーマも準備が整い次第ご案内いたします。ぜひ楽しみにしておいてくださいませ。

(田中 聡)