NPO法人ジャパン・リーガル・パートナーズ(JLP)

JLP(NPO法人ジャパン・リーガル・パートナーズ)は、ビジネスパーソンと専門家の出会いの場です。

参加レポート : 第186回JLP定例会「なぜ、メルセデス・ベンツは日本一売れるのか? ~ メルセデス・ベンツの営業マンが語るブランド力と究極の BtoC ~」


2018年11月9日(金)午後7時に第186回JLP定例会が開催されました。
今回は「なぜ、メルセデス・ベンツは日本一売れるのか? ~ メルセデス・ベンツの営業マンが語るブランド力と究極の BtoC ~」と題して、メルセデス・ベンツ北大阪の西田浩明 氏をお迎えしました。
講師の西田浩明 先生、ありがとうございました。
また、ご参加くださいました皆様、お疲れ様でした。

まず前半は、自動車誕生秘話からメルセデス・ベンツの歴史、生産国から日本のお客様へ届くまでの管理整備内容、最新の安全性能等についてお話しいただきました。
メルセデス・ベンツがどのようにしてプレミアムブランドへと至ったか、またその高品質なブランドを維持するために、どのような企業努力をされているかが良く分かりました。
特に、開発した世界最先端の安全性能に関する特許を、自動車業界の発展のために公開されていることについては、大変感銘を受けました。リーディングカンパニーとして社会に貢献する企業倫理がよく表れているお話しだと感じました。

後半は「究極のBtoC」として、以前、百貨店やTVショッピングでなされていた実演販売を実際に再現していただきました。とても説得力があるお話しでしたので、私も後日、その商品を購入しました。
そして、その実演販売の経験から得られた基本的な交渉ノウハウをお話しいただきました。やはり相手の満足度を満たすためには、相手を注意深く観察することが重要だと感じました。基本編でしたが、交渉の場で実際に実践し得る大変役に立つ貴重なお話しでした。
また、「究極のBtoC」応用編も次の機会にお話しいただけるようですので、皆様楽しみにしておいて下さい。

なお、講義後の懇親会では、西田先生もご参加いただき、中華料理の「鳳玲軒」で交流を深めることが出来ました。

ご参加頂きました皆様ありがとうございました。
来月もよろしくお願い致します。

(山口 玄)