NPO法人ジャパン・リーガル・パートナーズ(JLP)

JLP(NPO法人ジャパン・リーガル・パートナーズ)は、ビジネスパーソンと専門家の出会いの場です。

ビジネスパーソンが集まる場所

JLPは、Japan Legal Partnersの略で、正式名称は「NPO法人ジャパン・リーガル・パートナーズ」です。大阪、京都、兵庫、奈良等の関西を中心に、東京や名古屋の会員もいらっしゃいます。

そもそものはじまりは、有志10名による税務・法務の勉強会でした。
集まったメンバーに法律関係職が多かったため、リーガル・パートナーズという名前になりました。現在もいわゆる「士業」と呼ばれるメンバーが多くいますが、士業だけではなく、FPや金融、不動産、WEBデザイナー、SE、広告宣伝など様々な分野の専門家やビジネスパーソンが集まっています。

様々な分野のビジネスパーソンが出会う場所

ビジネスを進めていくうえで、プロジェクトや一つの案件を1社だけですべて賄うというのは難しい話です。それぞれ専門の業者やプロフェッショナルがいるものです。「餅は餅屋」とはよく言ったもので、やはり専門のことは専門の人に依頼する・外注する・委託するといったことが必要です。特に法律等で職域が定められている士業の方々などは、クライアントの依頼を進めようとすると、他士業の協力なしには難しいでしょう。

ところが、いざ必要な業者や人材を探そうとしても、なかなかいい人がいないというのが実情ではないでしょうか?
インターネットが普及して、SNSが身近となり、PCだけでなくスマホからでも検索すれば何でも出てくるはずが、広告やアフィリエイトなどが散在していて、本当に必要な情報にたどり着けない状況になっている。そう思うのは我々だけでしょうか。

商工会議所や商工会、中小企業組合に加入していて、いざとなれば探せると思っている方、一度探してみられるといいでしょう。なかなか見つかりません。

組織が大きくなると、メンバーの顔が見えなくなり、仕事の依頼先を探すのはネット上で探すのと大きな違いはなくなります。

自らの直接の友人やその知り合いだけで探すのでは、範囲が狭すぎます。

そこで我々は、様々な分野の人間が集まり、日ごろから勉強会や懇親会を通じて人的関係を培い、必要なときに必要な人材にたどり着けるような組織活動を定期的に行っています。

今後は、会員向けの交流サイトを充実させ、よりコミュニケーションがとりやすいサービスも提供していく予定です。

老若男女問わず、広くビジネスパーソンの皆様のご参加をお待ちしています。

皆様の出会いやつながりの場を提供するものです。強引な営業行為や押し付けは遠慮して頂くようにお願いします。

当会だけでなく、勉強会や交流会のほとんどでよくお聞きする話ですが、数回、勉強会に顔を出した程度で、仕事にならないからとやめていくのは、非常に残念です。こういった交流会で培われる人脈や人間関係は、即時的なものではなく、長い時間をかけて、互いの理解と信頼を深めていくものです。数回あっただけでは仲良くなれ、仕事も任せてもらえるというのは少々調子の良すぎる話です。

JLPでは、勉強会や交流会、懇親会やイベントなどを通じて、ビジネスパーソンの互いの出会いとつながりの場を提供しています。

ぜひJLPで、あなたにピッタリのパートナーを見つけてください。

「出会い」と「つながり」の場所

人脈、つながりが求められる一方で、日々変わり続ける社会情勢の中、ビジネスパーソンは、自身のスキルを磨き続け、学び続けることを求められています。
常に前向きに、向上心をもって、そして積極的に、情報や知識を吸収し、実践の中で経験値を高めていかなければなりません。

そこでJLPは、お互いの情報を発信・共有する場ともなっています。
主な活動は、定期的に行っている定例会と懇親会です。その都度テーマを設定して、勉強会を行い、勉強会の後、懇親会で互いの交流を図っています。

また、任意の会員同士によって小グループを構成し、個別の分科会(税務研究会、労務研究会など)やサークル活動(ゴルフ、テニス、アウトドア、グルメなど)も行われています。

ご興味をお持ちいただけた方は、ぜひ一度定例会にご参加ください。
向上心をもった皆様のご参加をお待ちしています。

JLPのこれまで

LPは、その前身を「税務法務研究会」といい、平成14年9月から、専門家有志10名が集まり、持ち回りで講師をすることで、月に1度の勉強会を始めました。
その後、様々な専門家や経営者の講演を聞きたいということで、勉強仲間や講師仲間を増やしていくうちに50名ほどの団体になったため、平成16年9月にNPO法人にすることにしました。

現在はメルマガ登録会員数460名超の関西有数の異業種交流会です。ビジネスパーソンの出会いとつながりの場として、主に大阪産業創造館で、定期的な定例会をベースに活動しています。

その他については、Q & Aもご参照ください